学習支援室ぴあからのお知らせ

学習支援室ぴあ

学習支援室ぴあでは、静岡市内の不登校、発達障害、成績不振の小中学生を対象に、学習指導とメンタルケアを行っています。自分を好きになれること、そして、できたときの喜び、達成感を実感できるような指導を心がけ、子どもの ”いま”に寄り添います。

学習支援室ぴあでの取り組み

不登校支援

 こころの充電期に、今だからできること考えていこう

発達障害支援

 何かをやり遂げたときの達成感、感じてみようよ

成績不振支援

 スモ-ルステップ、まずは一歩前に進もう

思春期発達相談

 親と子の関係を見つめ直すよい機会です

学習支援室ぴあ発足の想い

静岡市の中学校教育相談員として勤務し、教室に入れない子どもの学習サポ-トと相談業務を行うなかで、子どもたちの、勉強への焦りや将来に対する不安、苛立ちを受け止めてきました。登校できる子どもには相談室で寄り添うことができますが、外出すること自体が困難で、社会との接点がない子どもには支援や情報は届きません。学校関係者の立場を離れ、一個人として外側から、ひとりひとりの事情に合わせたきめ細やかなアプロ-チが必要ではと感じ、H24年に学習支援室ぴあを立ち上げました。
これまで多くの保護者の方からの相談を受けてきましたが、そのなかで「子どものやる気を起こさせるにはどうしたらいいか」との相談について。子どもにとっての学習意欲というのは、勉強することの明確な目的意識を持っている場合を除いては、人(指導者)との信頼関係の中で高められるものだと考えています。勉強が嫌いな子でも「わかるようになりたい」と話します。学校が嫌で不登校になった状態でも「高校へは行きたい」と言います。少なからず誰しも意欲は持っているものです。そうするための方法(すべ)がわからないのです。
学習支援室ぴあでは、子どもたちの、これからどうしたいかの声を聞き、そのために今できることを一緒に考え、小さな目標と小さな成功体験を積み重ね、やり遂げた先の達成感を実感してもらえたらと思います。
学習支援室ぴあ とは、子どもたちそれぞれがこれから進む道において、”互いに個性を認めあい、成長しあえる仲間との出逢い”に願いを込めて、peer(仲間)とつけました。

学習支援室ぴあ 代表 加藤浄美

  • 武蔵野大学人間関係学部心理学科卒
  • 学習アドバイザ-
  • 日本心理学会認定心理士
  • 中央労働災害防止協会認定心理専門相談員
学習支援室ぴあ代表 加藤

ブログ

不登校生・・・

不登校生・・・

成績優秀、先生からも信頼を置かれ、学級委員を務めて、いわゆる優等生の女の子。周囲のことを優先し、自分の気持ちをなかなか表に出せない。何もかも精一杯努力しようとしてしまう・・・。友達も多く、見た目にはいい子で、何の問題もない中高校生が突然学校に行けなくなってしまうことがあります。これまで頑張ってきて、...

続きを読む
災害ボランティア人材育成~災害時の子どもにやさしい空間の作り方~

災害ボランティア人材育成~災害時の子どもにやさしい空間の作り方~

10/23(日)災害時ボランティアの支援者向けのセミナ-が開催されました。班のコ-ディネイタ-含めて参加者20名。こどもにとってやさしい空間とは・・、安心・安全で過ごすことのできる環境であること。子どもを受け入れ、支える環境であること。そして、災害時の初期段階から、保護者や子どもに関われる支援者の確...

続きを読む
静岡県主催講座「スマホ世代のこどもとどう向き合うか」

静岡県主催講座「スマホ世代のこどもとどう向き合うか」

令和4年11月27日(日)12:30開場、13:00開会、会場/袋井市メロ-プラザ多機能ホ-ル、入場料無料、オンライン視聴可能。講師/石川結貴(子どもたちを取り巻くスマホやネット、ゲ-ムの問題点や、コロナ禍での現状、子どもたちがスマホに夢中になる理由などについて、お話しを伺います。...

続きを読む
オンライン学習指導

オンライン学習指導

勉強の苦手な中学生。半年間がんばって文字式と方程式の基礎をおぼえました。「わかったことが増えていくのは嬉しい!」と。できることの積み重ねが大事ですね。 #静岡市 #不登校 #成績不振 #訪問指導 #オンライン指導 #家庭教師...

続きを読む
不登校・ひきこもり合同相談会

不登校・ひきこもり合同相談会

静岡県・静岡市主催の、不登校・ひきこもり相談会。コロナの影響か、夏休み・お盆明けの時期の影響か・・、来場者は少なかったですが、その分、ブ-ス同士で交流したり、新しい団体さんと名刺交換ができました。ニ-ズはあると思うので、周知の仕方を工夫できたらいいなと思いました。...

続きを読む